筋トレ

筋トレってどこでやればいいの?ジムと家どちらがいい?

まっとも
公園の横を通ると筋トレできそうなところを探してしまうまっとも(@yarukisense)です。

いよいよ夏本番となり、外で「いい体」をしている人を見かける機会が増えてきました。

シャツ越しにもわかる厚い胸板と引き締まった腹筋、太い腕などが目を引きます。

「なぜ彼らはあんなに立派な体をしているのだろうか。同じ人間なのにこの違いは何だろうか。」

5年前までは僕もそのように思っていました。

自分の身体に目をやると突き出た腹と生白い肌。ぷにぷにの腕。

違いは考えるまでもなく明らかで、彼らはトレーニングを日課にしているからです。

いい体はトレーニングによって作られたものなのです。

なら自分もちょっと筋トレを始めてみようかなと思っても、「そもそもどこでやればいいんだろう?」という疑問を持たれる方は多いでしょう。

ですので、今日は「筋トレができるいろいろな場所と、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介します!

筋トレできる場所は思ったよりも多い。

効果的な筋トレができる場所にはどんなところがあるでしょうか。

一般的なところをざっと挙げてみます。

  • 自宅
  • 公園
  • 学校・会社の施設
  • 公営施設
  • ジム
  • パーソナルジム
まっとも
結構ありますねぇ!

ひとつずつ詳しく見てみましょう。

自宅で筋トレ

家の空いたスペースで自重トレーニング、または軽めのダンベルを使用します。

腕立てやスクワット・ランジ・腹筋など、出来ることは案外多いです。

デメリットはただダンベルを上げ下げするだけの動きになってしまい、効果が出ているのかいないのか自分でわからなくなるところです。

これはつまらなくなって挫折、ということになりがちです。

人の目もないのでダラケがちになることもあるでしょう。

「手軽ではあるけど簡単ではない」のが自宅トレーニングです。

ダンベルなどの器具も自分で選んで購入しなくてはいけませんからその費用も掛かります。

最初は誰か(出来ればトレーナー)に教えてもらって、やり方や注意点を覚えたら自宅に切り替えるという流れがおすすめです。

まっとも
自分の家にジムを作ってしまう人もいます!あこがれですねぇ!

公園で筋トレ

公園にある遊具、雲梯や鉄棒などを利用します。

上半身の強化が主になります。

無料で使えるのがいいですね!

海外ではストリートワークアウトという言葉もあり、公園はじめ屋外で筋トレするというのは普通のことですが、

日本ではまだまだ奇異の目で見られがちかもしれません。

このくらい出来れば何も怖くないと思いますがw

学校・会社の施設で筋トレ

体育館は多くの学校にあります。

トレーニングルームを併設している会社もあります。

もしあなたが学生や社員なら利用しない手はないでしょう。

運動系クラブへの所属が条件だったり、完全に無料ではないかもしれませんが、

使ってもいいか確認してみる価値は大いにあります。

外部のジムへわざわざ移動しなくても、学校・会社といった生活圏内でトレーニングを済ませられるのは移動時間や労力の面でメリットは大きいです。

公営施設で筋トレ

案外知られていませんが、お住まいの地区に安く使える公共のトレーニング室・スポーツセンターがある可能性があります。

その市や区に在住・在勤・在学といった条件を満たすだけで使えます。

魅力は何といっても利用料の安さです。

少し小規模な傾向はありますが、ジムとほぼ同等の設備が一日300円前後で使えるのです。

近頃は政策の恩恵もあり、日頃から充実した設備で鍛えているボディビルダーたちですら思わず唸ってしまうレベルのトレーニングルームを備えた自治体も増えています。

僕たちが払った税金で運営されている施設ですから、是非有効に利用しましょうw

まっとも
検索するときは「(お住まいの市) トレーニングルーム」「(お住まいの市) スポーツセンター」と入れると出てきやすいですね。

ジムで筋トレ

僕が一番おすすめなのはこれです。

ジムならばダンベル・バーベル・トレーニングマシンなど筋肉の発達に必要な刺激を得るための設備が揃っており、

特に数十kgから時には100kg以上の重さを使用する高重量トレーニングはジムでしかできません。

わずかな例外は上で挙げた自宅にジムを作ってしまう人たちですが、普通はなかなか難しいことです。

筋肉の発達を短期間で実現するにはジムがベストだと僕は思っています。

ジムなら良いトレーナーや筋トレ仲間との出会いもあるかもしれません。

トレーナーに効果的な筋トレやストレッチを教えてもらってから自宅のトレーニングに戻ってもいいわけですし、一度はメリットたくさんのジムに入会してみることをおすすめします!

パーソナルジムで筋トレ

専門のパーソナルトレーナーがあなたにつきっきりのマンツーマンで指導をしてくれるジムです。

ジムで過ごす時間以外にも食事の内容を送信すれば返信でアドバイスをくれたりします。普通のジムと違って顔を合わせている時間以外もサポートが続くわけですね。

筋トレのメニューや食事の管理なども初めのうちはわからないことだらけですが、心配はいりません。

あなたの要望や都合に合わせて予定を立て、完遂できるように支えてくれます。まさに至れり尽くせりのジムです。

お金に余裕があり、言われたことをこなすことが得意なタイプの人(反対に言えばあまり自分で考えずにプロにお任せしたい人)におすすめです。

筋トレできる場所の比較表。

6か所を表で比較してみましょう。

手軽さ 費用の安さ 効果が出る速さ
自宅 〇(器具は自分で購入する必要あり)
公園
学校・会社の施設 ▲(そこに所属していないといけない)
公共施設
ジム 〇~◎
パーソナルジム

効果と続けるための手軽さを考えると、会費程度の出費は受け入れつつ、ジムでトレーニングするのが一番費用対効果のバランスは良いことが分かります。

どこでやるにも、まずは見学から!

悩むよりもまずは見学に行ってみましょう。

公共施設・ジム・パーソナルジムでは無料での見学を受け付けています。

入会を決めるのは中の設備や雰囲気を確かめてからで充分です。

何カ所か回ってみて、一番ご自分に合いそうなところを選ぶのが良いと思います。

まっとも
僕も地元のジムはほぼ全部確認しましたよ!

あなたにとって良いトレーニング環境との出会いがありますように。

まっとも
何かわからないことがあったらtwitter(@yarukisense)でリプやDMを下さってもOKですよ!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ スマホ・スマホゲーム依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. よりよく生きていくために

    僕が10年愛用してきた「AXE」という財布を知ってほしい。
  2. ハゲ

    ハゲに対抗しうる究極のソリューションはスキンヘッドと筋肉だ。
  3. スマホゲーム依存

    (進捗報告)ブログで人生を治療する!?スマホゲームでの人生の消耗を防ぐ【その4】…
  4. 破産者でも公的融資が受けられる。

    借金の話

    債務整理もありかもしれない。破産後の事業資金調達の道が見えた。
  5. 仮想通貨

    寄稿記事のお知らせ【Bank Academy@小林亮平さん】
PAGE TOP