よりよく生きていくために

ストレングスファインダーをやってみた。

ストレングスファインダーやってみた。

まっとも(@yarukisense)です。

自分のステータスを具体的に知りたいと思いませんか。

ドラゴンボールでの戦闘力や、「信長の野望」「三国志」みたいに、個人のステータスが可視化されるのはワクワクさせられる面がありますね。

自分がどういったシチュエーションに強いのか(または弱いのか)。それを客観的に知ることは今後の指針を決めるためにも間違いなく役立つと言えるでしょう。

今回は診断ツールの力を借りて分析してみることにします。

ストレングスファインダー2.0

ストレングスファインダー」をご存知でしょうか。

SNSで話題となっていて、やってみた話を目にされた方は多いかと思います。

ストレングスファインダー2.0表紙

注意点としては「強み」そのものの解析ではないという点です。

あくまでも強みを生み出す「資質」について、あなたの傾向を明らかにしようというものです。

「資質」というものは自分にとっては無意識レベルで当たり前のことになっているので、
自身ではなかなか気がつくことができません。
「普通そうでしょう」と思っているようなことでも、他人から見ると羨ましいくらいの特殊能力だったりすることがよくあります。
そういった部分の発掘であると考えてください。

まっとものストレングスファインダー診断結果は?

頭がクリアなコンディションの時を選んで、診断を受けてみました。

すると以下のような結果が出ました。

  • 未来志向
  • 回復志向
  • 着想
  • 目標志向
  • 慎重さ

思っていたのとはだいぶ違った結果です。(診断前の予想も下の方に書きました)

なんと言いますか、ゲームや漫画・アニメに例えるならば

あまり主人公っぽくない…というのが正直な印象でした。

が、これはこれでおいしいポジションの匂いはしますw

助言と力を与える仙人系だと思いますw

診断結果から、あなただけのレポート・ガイドを作成してくれます。

ランキングのほか、診断結果に基づいたあなただけのレポートがPDFで以下の4種類作成されます。

  • 強みの理解レポート
  • 自分だけの特徴的な資質
  • 強みの洞察とアクション計画作成のためのガイド
  • 行動のためのアイディア

 

診断時の注意。時間に余裕を持ってやろう。

必ず時間に余裕がある時・邪魔が入らない時と場所を選んで診断に臨んでください。

なぜなら1問につき20秒という時間制限があるからです。

設問数も170問以上ありますので、35分ほど必要になります。

購入時の注意。巻末のコードを必ずチェックしよう。

自分でやってみようと思う時はかならず新書を買ってくださいね。
中古では買わないようにしましょう。診断へのアクセスコードは1回しか使えないからです。
古書店で買ったものはもうコードが使われている可能性が高いですからね。

こちらから新書をどうぞ。

 

コードは巻末に綴じ込みの形で封入されています。

書店で購入される時は念のためこの部分をチェックしておきましょう。

いたずらや悪意で開けられていないとも限りませんからね…

全開放

上記で挙げた結果はストレングスファインダーの一部でしかありません。

追加料金を払うことで、全ての結果を見ることができるのです。

もう2,000円位払ってるのにまた?とか思うことなかれ。

本来○○円かかるモノを、一部だけで良ければ安い値段(約2,000円)で見せてくれるというものです。

全開放した状態がフルバージョンだとして、本でコードを買った状態のものは機能限定版(リミテッド・エディション、LE)と言えるでしょう。

全開放のお値段は、39.99ドルです。4,800円くらいですね。

ちょっと躊躇しますが、前向きに考えて来月あたりにやってみたいと思います。

その時にまた記事にしますね。

予想とのギャップ。

診断前に結果をある程度予想していました。

自分が思っている資質と、実際に持っているものにどのくらい差があるかを知りたかったからです。

出た結果とはかなり異なるものでした。

自分では強いと思った資質

強く出るだろうと予想していた資質は以下の5つです。

  • 学習欲
  • 最上志向
  • 責任感 
  • ポジティブ
  • 着想

当たったのは「着想」だけでした。
どちらかというとこのランキングは、僕が僕に対してこうあってほしい姿だったのかもしれません。

自分では弱いと思った資質

反対に弱いだろうな、と思っていた資質5つです。

  • 共感性
  • 指令性
  • 戦略性
  • 包含
  • 目標志向

他人とのつながりへの関心や能力は低いと思っています。
目標をはっきりとさせる力も、自分でやるのは弱いと認識しています。
一度設定されればかなり強い方だと思いますが。「目標志向」はむしろ強い方に出ましたが、そのためかもしれません。

診断中に思ったこと。

ほとんどの回答に要する時間は1秒以下か長くて3~4秒ほどでした。
直観的に答えるようにとの指示もありました。

しかし設問をよく理解して答えられたかというと、そうでもありませんでした。

「どちらでもない」を選びたいけど、どちらかに寄せて回答することが多かったように思います。

よく理解できない設問もいくつかありました。

気をつけたのは、事実こうであろうことよりも「こうありたい」方向に回答してしまわないようにすることです。

出来れば、自分自身よりも自分を良く知る人に回答してもらった方が正確なのではないかと、設問の3分の1くらいに対しては思えました。

診断を受けてみての感想。

診断結果は目の前に出されてみるとそこそこ納得のいくものではありましたが、完全に受け入れられるまでは少し時間がかかりそうです。

もう一度やってみようかなと一瞬思いましたが、やめておきました。公式でも連続での診断は推奨されていませんし。

数年後に再度受けることは有効であるそうですので、
3年くらい経ったらもう一度やってみようと考えています。

思う姿と、自身とのギャップが少なくなっていればいいなと思います。

 

ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. 借金持ちのための体調管理術

    LED電球導入。またひとつ消耗の種が減りました。
  2. スマホゲーム依存

    (進捗報告)もうすぐやめられそう!スマホゲームでの人生の消耗を防ぐ【その3】
  3. ブログ運営

    ブログ開設1周年のお礼と今後について。
  4. 生活の工夫

    amazonプライムデー2018開催。おすすめ商品まとめ。
  5. ブログ運営

    いまさらながらタッチタイピング練習!駆け抜けるようなスピードでブログを書きたい!…
PAGE TOP