借金持ちのための体調管理術

借金持ちのため、コスパ抜群の栄養補給なら卵で決まり!お腹がいっぱいなだけの栄養失調からはおさらばしよう!

まっとも
筋肉に栄養を与えることを日々最優先に考えるまっとも(@yarukisense)です。

お腹がいっぱいでも栄養が足りない?

借金持ちの皆さんも、そうでない皆さんも、栄養は足りてますか?

足りてるよ。べつにお腹は空いてないから。

とか思ったりしてませんか?

そう思った方のおそらく8割以上はお腹がいっぱいなだけの軽い栄養失調にあると思います。

日々忙殺される中、外食やお店で買って済ませるだけの食事をしているとすればほぼ全員に近づくことでしょう。

「味もおいしいし、量も十分。何が足りないの?」と思われるのも無理はありません。

お腹さえ満たされていれば人は自分の不調に何が足りないのか、そもそも考えないのです。

これからますます厳しさを増すであろう世の中を乗り切っていくためには強い体と心が欠かせません。

そのためには材料となる栄養が必須です。

まさに僕たちは「体が資本」なのですから。

不足しがちな栄養、それは「たんぱく質」!

僕たちの体を維持していくために必要な「三大栄養素」というものがあります。

  • 炭水化物
  • 脂質
  • たんぱく質

どれもご存知だと思います。

 

三大栄養素は必要とはいえ、やみくもに摂ればとるほどいいというものではありません。

案外知られていませんが、大切なのはこの3つの「割合」なのです。

もっと正確に言えば、摂取したカロリーの中でこれらの割合がどう分かれているか、が大事なのです。

 

この三大栄養素の割合によって体調・体形、さらには心の調子までがかなり決まってきます。

それぞれの栄養素にどんな役割があるかの説明は今回は控えます。

結果から言いますと、調子よくあるためには三大栄養素の割合がこのくらいの割合になる必要があります。

 

おそらく今、心身の調子がよくないあなたの食生活ではこのようなバランスではありませんか?

安さとそこそこの味を優先した食事ではたんぱく質がどうしても不足するのです。

体型も腹だけがポッコリと突き出た形になりがちではないでしょうか。

怒りっぽくて、頭も大して回らなくなっていることでしょう。

これ、栄養バランスが悪くなってるからなんですよ。栄養のバランスって体だけでなくメンタルにも影響するんです。

(キレっぽい人って不健康な体型してることが多いと思いませんか?)

そんなこと言っても毎日のように肉食べられるほどお金ないし…

大丈夫です!

  • 安い!
  • うまい!
  • 栄養たっぷり!
  • どこでも買える!

と、そんな借金持ちのためにあるような食材が僕たちの身近にあるんです。

とにかく「卵」がコストパフォーマンスではベスト!!

ここまでで借金持ちの食生活ではたんぱく質が不足しがちということが分かりました。

たんぱく質を取ればいいならプロテインでも飲めばいいんでしょ?

と思ったあなた!

精製されたサプリメントでは実際の食物には及ばない、ってご存知でしたか?

もちろんプロテインも例外ではありません。

 

じゃあ何を食べればいいのか教えてよ!
安いのにしてね!
まっとも
OK、いい食材がありますよ!

 

ご紹介します!

 

卵

これがなんだか、おわかりですね?

そう、卵です。どこでも売っているニワトリの卵です。

物価の優等生と言われ、長年値段をほぼ変えずに来た卵。

これが借金持ちの栄養状態を改善してくれるんです。

 

ここで本当は「借金持ちのための栄養ある食べ物3選!」なんてランキング形式にすれば記事のボリュームが増えるもっとお役に立つかなとと思ったのですが、やめておきました。

コストパフォーマンスの面でベストな「卵」だけを紹介します。(卵アレルギーの方はごめんなさい!)

なぜかと言いますと、特に借金持ちは慢性的なストレスで頭が回りませんから(僕もです)、簡単に安く手に入ることの重要性は他の人より高いんですよ。

物価の優等生として知られていますが、値段対栄養の面でも優秀です。

卵の栄養価(1個あたり)

エネルギー 91kcal
炭水化物 0.18g
脂質 6.18g
たんぱく質 7.38g

(カロリーSlismより引用)

「卵は1日2個まで」はウソだった!

 

卵って一日2個までしか食べちゃいけないんじゃないの?
コレステロールが多いんだよね?

確かに昔はそう言われていました。コレステロールがたまるとか、そのような理由でしたね。

しかし最近の研究では問題ないとされています。

厚生労働省のお墨付きです。(外部リンク:厚生労働省がたまごを1日2個以上食べてもOKといったのはホント?)

むしろコレステロールが少なすぎてもかえって体によくないので

「卵は3個以上食べるべき、なんなら10個までいける!」なんて言う人もいるくらいです。

僕の場合は1食当たり2~4個であることが多いです。

数のことよりも大事な注意点ですが、加熱だけはしましょう。

栄養の吸収率が格段に上がります。

生卵のまま2個食べても、栄養は加熱済み卵の1.3個分くらいしか吸収されないとのデータもあります。

卵かけご飯おいしいのに・・・
まっとも
まあ食べやすくて続けられるのが一番だね

具体的な卵料理のレシピをご紹介。

マッスルチキンステーキ&スクランブルエッグ

たとえば、これは僕が筋肉に栄養を与えるために食べている「マッスル食」のひとつです。

チキンステーキ(鶏の胸肉)とスクランブルエッグを1プレートに乗せたものです。

炭水化物を抑えつつたんぱく質を増やすようにしているのですが、伝わりますでしょうか。

このようなメニューを何種類かローテーションさせて飽きずに食べ続けられるようにしています。

ご飯はボディビルダーとしての減量の時期によっては食べない時もあります。

ご飯を食べなければこれはそのまま糖質制限食となり、減量の時期でも食べられます。

材料は?

使っているのは鶏むね肉200gと卵4個。それと調味料を適宜。スパイスミックスみたいなのでOKです。

最後に乾燥パセリをかけると一層風味がよくなります。お好みでどうぞ。

これが2食分ですが1回で食べてしまうこともあります。

材料費と栄養価を見てみましょう。

単価 たんぱく質
鶏むね肉 58円@100g 200g 約40g
20円@1個 4個 約30g
合計 196円 約70g

鶏むね肉@58円×200g=116円 タンパク質 約40g

卵@20円×4個=80円 タンパク質 約30g

合計 196円 タンパク質 約70g

2食で200円足らずの材料費としては望むべくもない内容でしょう。

これに調味料や調理のための光熱費などかかってきますが、それは何を作っても発生する費用ですのでここではカウントしていません。

あとは味の良さですね。卵料理はたいていどう作ってもある程度美味しいものです。

そして卵はどこでも手に入ります。

値段、栄養、味、手に入りやすさと四拍子までそろってしまった卵は

借金持ちだけに食べさせておくにはもったいないほどの栄養食品と言えますね。

まっとも
ちなみに、僕はさらに食後に野菜ジュースを作って飲むことで野菜不足を防いでいます。

まとめ。

今回のまとめです。

  • 三大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)のバランスで健康にも不健康にもなりえる。
  • 借金持ちにとっては特にたんぱく質の確保が(主に経済面の理由で)難しい。
  • ならば卵だ。加熱して食べよう。昔聞いた一日2個まで、みたいな話は無視してOK。
  • 何種類かメニューのレパートリーを用意して飽きないように続ける。

いかがでしたでしょうか。

借金持ちのための体調管理術は、筋肉構築の観点からいくつか効率的なポイントとネタがありますのでこれからもアップしていきたいと思います。

お楽しみに。

おすすめ卵料理の本

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ スマホ・スマホゲーム依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. 言葉

    お金の問題に追われる僕が「お金が存在しなかったら?」という問いに答える。
  2. よりよく生きていくために

    「珪藻土コースター」レポート。使ってみてわかった意外な効果とは。
  3. 生活の工夫

    道具のせいにする前にまずメンテナンス、でしょ?【コーヒーミルの手入れ】
  4. 筋肉フリーランスの業務日報

    筋肉フリーランスの業務日報 2019年5月&6月
  5. 借金の話

    ちょっと近況報告。
PAGE TOP