筋トレ

サラリーマンにとっても役立つ筋トレ。胸板を厚くして説得力を付けよう!

まっとも
公私ともに筋トレの恩恵を受けまくるまっとも(@yarukisense)です。

日本は今、空前の筋トレ・フィットネスブームの真っ只中にあると言えます。

筋トレ系YouTuberやお笑い芸人のマッチョ化など、筋肉をつける楽しさや喜びを伝える人が増えてきたおかげもありますね。

 

一方でこういう声があるのも事実です。

そんなに筋肉付けて何か役に立つの?
われわれ普通のサラリーマンにとっては筋肉など不要では・・・?

普段体を使わない仕事をなさっているのならその疑問はごもっともです。

でも仕事で筋肉が生きる場面もあるんですよ!!

それは「説得力」です!

胸板の厚さと説得力は比例する。

胸板が厚い人はそれだけで説得力があります。

なぜでしょうか。

会議では胸板が厚い人の意見が通る。

会議やミーティングの場面を思い起こしてみてください。

2人の男性が意見を出しているとします。

ひとりは胸を張って意見を述べ、もうひとりは猫背で伏目がちにごにょごにょ話しています。

どちらの意見が通りそうでしょうか。

胸を張って意見を述べる人の主張ほど通りやすい傾向があると思いませんか。

胸を張れるに値する根拠を感じさせる。

いくらいいことを言っていても、猫背でごにょごにょ話す人の意見は却下されがちです。

単純に、周囲からは胸を張っていることと猫背であることそれぞれがそのまま自説への確信の差ととらえられるからです。

胸を張って自分の意見を伸べる姿は見ていても小気味よいものです。

何となく応援してあげたい気持ちにすらなりますね。

「自分の言っていることに対して自信があるから胸を張れるんだろうし、そうしてきた努力があるはずだ。

だから力を貸してあげたい。」

と、心の奥底の思いがあるはずです。

その人の生命力に対する期待が、説得力。

胸の張りは胸板の厚さであり、胸板の厚さは生命力のあらわれです。

生命力がみなぎっている人は何か大きいことを成し遂げそうな期待を周囲に与えます。

胸板が厚く張っている人の説得力の正体は、その人に対する「期待」なのです。

無理やり胸を張ってもそれは「虚勢」でしかない。

ここで猫背だった人がいきなり胸を突き出しても、それはただの「虚勢」です。

自分自身気づいているでしょうし、周りからも丸わかりです。

虚勢ではなく、自然に胸を張れるようにするための有効な筋トレがあります。

胸を厚くするトレーニングは「インクラインベンチプレス」がおすすめ。

胸板の厚さを作っているのはもちろん筋肉です。

胸板を厚くするには写真の「インクラインベンチプレス」がおすすめです。

シートを斜めにしてベンチプレスをすると、胸の上部と肩の前部に筋肉がついて厚みが出てきます。

10回を何とかできるくらいの重さで3セットを週2回やりましょう。

3週目あたりには効果を実感し始められると思います。

まとめ。

サラリーマンでも筋肉はあって損なし。むしろメリット絶大であると言えます!

  • 胸板が厚い人は説得力がある。
  • 胸板は生命力の証であり、生命力の強い人は応援したくなるのがその理由。
  • 厚い胸板を作るにはインクラインベンチプレス。

筋トレが仕事にも役立つ場面は他にもたくさんありますので、また記事を書きたいと思います!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ スマホ・スマホゲーム依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

 

ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. よりよく生きていくために

    「珪藻土コースター」レポート。使ってみてわかった意外な効果とは。
  2. 言葉

    お金の問題に追われる僕が「お金が存在しなかったら?」という問いに答える。
  3. 目標

    【未来予測】占いから見る僕の2018年上半期。
  4. 借金の話

    ブログは心の整体治療。
  5. よりよく生きていくために

    あなたも半農・半フリーランス実現。「シェア畑」なら都会に居ながらにしてできる理由…
PAGE TOP