副業

フリーランスの副業体験談。やらなきゃよかった2つの失敗例。

まっとも
求職中のまっとも(@yarukisense)です。

2020年になりました。

相変らず本業は崩壊、仕事は見つからずという日々です。

今日は副業で減った収入を補おうとしてうまく行かなかった時の思い出話をしてみたいと思います。

フリーランスの副業。僕もやりました。

フリーランスは会社員と違って収入が保証されていません。

一方で空いた時間に別の仕事を入れることもまた自由でもあります。

僕も経済的に傾いていく中で何かの足しになればと思い、副業をしたことが数年前に2回ほどありました。

しかしどちらも失敗でした。

今日はその体験談をお話したいと思います。

失敗だった副業その1「タウンペーパーのポスティング(配布)」。

ポスティング

ポスティングの仕事をやりました。

配布量を自分である程度選べて、仕事をする時間も比較的自由であることから主に主婦の方が多かったようです。

配布は月に2回なので大きく稼ぐのには向いていませんが、僕は本業を圧迫しないというメリットであると解釈しました。

まっとも
歩くことで有酸素運動にもなるという理由もありました。

どんな仕事内容だったのか。

有名な全国区のタウンペーパーの戸別配布です。

月に2回、600部の配布を徒歩で行います。

 

600部というのはかなりの量で、チラシ織り込みも合わせると数10kgの量になりました。

徒歩で全て持って行くのは現実的ではないので、僕は車のトランクに乗せて配布地域まで行き、

車を駐車違反にも近所迷惑にもならないところ(あるんです)に停めて一度に100枚ほどを持ち出し、なくなったら車に戻って補充するというやり方で配布していました。

 

僕が受け持った地域は1件家が並ぶ住宅地だったので家と家の間隔が広く、1枚入れたら20歩以上歩いてまた1枚、とやっていたのでマンションの集合ポストに比べて圧倒的に時間がかかります。玄関にたどり着くまでに階段がある家も多かったですね。1軒ずつ登って降りて、を繰り返す地帯はなかなか配布が捗りませんでした。

まっとも
月に2回、11ヶ月くらいやりました。

報酬

6,000円~11,000円/1件(チラシの量によって変動)

報酬以外のメリット

  • 有酸素運動になる。
  • 2~3日のうちに配り切ればよいので、都合の良い時間帯に仕事ができる。

何が良くなかったのか?

配布作業自体には特に不満はありませんでした。雨の日は憂鬱でしたが。

それよりもペーパー本体の他に折り込みチラシが入るのですが、4~5種類のチラシを600部すべてに入れ、しかも折る作業が手作業というのが僕にはあまりにつら過ぎました。

 

このチラシ織り込みの作業が配布よりもきつく、時間がかかるものだったのです。

必要とするスペースもかなりの広さになってしまうので床でやらざるを得ず、中腰・膝立ちでの無理な姿勢で作業になりました。

これだけでゆうに3時間は越えます。

一度ぎっくり腰寸前まで行き、1ヶ月以上腰の違和感が取れませんでした。

まっとも
チラシを無しにしてほしいと頼みましたが、認められませんでした。

 



失敗だった副業その2「在宅データ入力」。

データ入力

在宅でのデータ入力の仕事です。

どんな仕事内容だったのか。

手書きの送り状から専用システムに入力する仕事です。内容はゆうパックや宅急便の伝票です(荷物を出しに行くと書くあの伝票です)。

作業は自宅で自分のPCから行います。

まっとも
これは延べ5時間くらいでギブアップしました。

報酬

2,500円くらい(延べ5時間程度の作業)

報酬以外のメリット

  • 出勤含め外出しないで済む
  • 契約書だけは立派で、自分の事業にも部分的に取り入れられた

何が良くなかったのか?

報酬額の安さと、要求される水準のアンバランスさに尽きます。

絶対にミスがないことが求められる割に報酬額は仕事中のPCの電気代と光熱費程度でした。

不慣れな段階で作業量が多くこなせなかったということもありますが、慣れたところで伸びしろは少ないと思いました。

字が汚くて読みにくかったり、難読地名・人名があったりするとその都度調べなくてはいけないので時間がかかりました。

 

ミスを指摘されたところが合ってるかどうかの確認は自分ではほぼできません。ADHDなのもありますが悪筆でそもそも読めないからです。

そこを空けると報酬が発生しないという謎規則でした。

副業も出会いと相性。

チラシ織り込みとデータ入力、これが僕にとって不向きな作業でした。

大きく苦痛を感じる部類の作業でしたが、やるまでわからなかったのです。

どちらも「これは非人間的な作業だ」との思いを打ち消せなくなったところが辞め時でしたね。

もちろん僕にはできなかっただけで、向いている人もいるのだろうとも思います。

 

すなわち副業も「出会い」と「相性」なのでしょうね。

探す数を増やしていければ、自分に合う仕事に出会える可能性も上がると思います。

諦めずに頑張ります。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ スマホ・スマホゲーム依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

 

ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. 借金の話

    J.Scoreってどうなの?実際にAIの評価を受けてみた。
  2. 筋肉フリーランスの業務日報

    筋肉フリーランスの業務日報 2019年7月
  3. スマホゲーム依存

    「SNS依存」を治療する。
  4. 借金の話

    ちょっと近況報告。
  5. 言葉

    たった一人のためのエンターテイメント。ペルソナを明確にすることのメリットとは。
PAGE TOP