借金の話

J.Scoreってどうなの?実際にAIの評価を受けてみた。

まっとも
AIが自分のことをどう見るのか?とても興味があるまっとも(@yarukisense)です。

「個人の信用の可視化」はすでに実用化されていた。

2019年2月12日放送分のNHK「クローズアップ現代」がとても興味深いテーマで、僕は見入ってしまいました。

それは「AIによる、個人の信用の格付け」の話でした。

中国では巨大企業アリババによる「ゴマ信用」という格付けシステムが普及し、

  • 口座残高
  • 買い物の履歴
  • 乗っている車
  • 犯罪歴

などのデータをもとに個人にスコア(点数)が付けられているのだそうです。

ゴマ粒のように細かいデータを集めて分析していくから「ゴマ信用」というわけだにゃ

このスコアは仕事や結婚などのライフイベントでの評価としても取り入れられている他、

点数が高い人は様々な優遇が受けられます。

  • 低利の融資
  • サービスの無料提供
  • 病院の予約を優先してもらえる

一方でスコアが低すぎると電車に乗れないなど、不便を強いられることになるようです。

信用の可視化は日本でも始まっていた

これは中国の話であって、日本にはまだまだ関係ないんじゃないかなと思っていたんです。

まっとも
甘かったですねぇ。

すでに「J.Score」というみずほ銀行とソフトバンクにより設立されたフィンテック企業によるサービスが稼働しており、40万人が登録しているという話でした。

中国と違うところは、スコアの使い道は融資に限定されており、仕事や結婚などには用いないということでした。

AIの評価は、借金からの脱出の糸口になりえる?

220万円の借金を抱えていた30歳の男性がJ.Scoreから低利の融資を受け、生活を立て直して借金を完済したという話が番組中で紹介されていました。

金融機関にとっても、AIの判断を元に行った貸し付けの貸倒率は人間が審査をした場合に比べて半分以下だそうです。

考えてみればAIは疲れたり動揺したりしませんから、淡々と判断を下すことにかけては人間より向いているかもしれませんね。

未来への希望をAIから見出すのも、バイアスを排除するという意味で充分にありな選択に思えます。

ということで僕も、スコアの算出だけでもやってみようと思いました。

 

J.Score登録。

まずはアカウントを作成します。

まずはあなたのプロフィールです。

これはチャット形式の質問に答えていくことで入力される仕組みです。

質問に個人を特定できる内容は含まれていません。

反応にはしばらく時間がかかります。

入力が終わるとある程度のスコアが算出されます。

回線状況や時間帯にもよると思いますが、僕の場合はこの画面のまま数分かかりました。

しばらく画面に変化がなくても焦らずに待ってみましょう。

ここだけではなく、全体的にレスポンスは案外重めですね。

 

J.Scoreによるまっともの信用は?

J.Scoreは1000点満点です。

僕の信用はこの中でどのあたりに位置するのでしょうか。

しばらく待つと数値が出ました!

622点!

これは高いのか低いのか、よくわかりません。

ではこの点数でどのくらいの融資に値するのか?見てみましょう。

年利12%

限度額80万円

う~ん、お世辞にもいい条件とは言えません。

普通に消費者金融・カードローン並みの金利ですね。

12%という金利はこのJ.Scoreの上限の数字です。

調べてみたところ600点が審査通過のボーダーラインであるようです。

そこから大きな差がないので条件も良くないということなのでしょう。

 

情報を追加入力して信用力アップ!

ですが、情報を追加入力することでスコアがアップする可能性があります。

スコアが上がることで融資の条件も良くなります。

ということで追加入力をやってみることにします。

項目は

  • 生活
  • 情報連携
  • 性格
  • ウォレット
  • ファイナンス
  • プロフィール

この6項目がさらに細かく区分けされ、一つあたり4~20個程度の質問に答えていく必要があります。

合計で150問くらいです。

かなり時間がかかるので、まとまった時間の取れる時にやるか、

または少しずつ小分けにして答えて行ってもいいでしょう。

入力途中でもスコアに反映されます。

スコアアップで貸し付け条件改善。

「生活」をすべて入力し終わったところ、

622点→627点にアップしました。

貸し付け条件も更新されており、

限度額が80万円から90万円になっています。

金利は11.9%。

これではまだ利用しようという気にはなれませんね・・・。

※追記

すべての問いに入力したところ666ポイントまで上がりました。限度額は90万円から100万円に上がっています。

僕のパーソナルな部分はある程度AIに評価されているようです。

反対に大きくは上がらない理由も考えてみましたが、これは僕の職業が個人事業主だからでしょうね。

 

AIのアドバイスによってさらにスコアアップ。

より一層スコアをアップするためにAIがアドバイスもくれます。

  • 適度な運動習慣
  • 充分な睡眠
  • 学習習慣
  • お金の管理

J.scoreアプリにはこれらを管理する機能があり、

継続することでAIが信用に足る人間であると判断してくれるようです。

 

先のクローズアップ現代に登場した30歳の男性はこのAIのアドバイスを実行することよって約200ポイント上昇し、低利の融資を受けるに至ったということです。

なので、しばらくはやってみるのもいいかもしれませんね。

 

もし将来借り入れが必要になった時、利用するのはまず日本政策金融公庫ですが

その次あたりにこのJ.Scoreが来るかもしれません。

もちろん借金ですから使わないに越したことはないですが、AIからの評価を受けることを体験しておくこともこれからの社会で生きるには意味のあることでしょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ スマホ・スマホゲーム依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. 借金の話

    自己破産で心配なこと。
  2. 借金の話

    どこまで堕ちる…借金増額、計554万円。
  3. 筋トレ

    サラリーマンにとっても役立つ筋トレ。胸板を厚くして説得力を付けよう!
  4. 筋トレ

    筋トレはどこまでやればいい?QOLの向上が感じられる目標をご提案します。
  5. ハゲ

    ハゲの歴史。いつからハゲ始めた?スキンヘッドにするまでどんな髪型を試した?家系は…
PAGE TOP