筋トレ

よく言われる「筋トレのメリット」を自分に当てはめてみた。

まっとも
筋トレのメリットを全身で受け止める男、まっとも(@yarukisense)です。

リニューアル後、最初の記事になります。

SNSや動画サイトなどから火が付いた、空前の筋トレブームと言える昨今です。

そもそも筋トレしてどんなメリットがあるのか?ということについて書いていきたいと思います。

いいことたくさんありますよ!

筋トレのメリット(一般論)

よく言われる筋トレのメリットとして特に多いのがこの2つです。

  • スタイルの向上
  • 健康の増進

スタイルの向上

筋肉がつくことで体が立体的に見えるようになります。

シルエットにメリハリが出ると、不思議と体は実際のサイズより細く見えるようになります。

ご存知でしょうか?同じ体重でも体脂肪でのっぺりとしている体は太く見えるんですよ。

 

健康の増進

筋トレで健康になったという話はよく聞きますが、いったい何がそんなに健康にさせてくれるのでしょうか。

これは

  • ホルモンバランスの改善
  • 栄養状態の改善(栄養のある食べ物を欲するようになるはずです)
  • 睡眠の改善
  • 心肺機能の向上

他にもありますが、現代の不摂生&省エネ生活は本来誰もが持っているはずの回復力を封じ込めてしまうのです。

上記の項目の改善によって失われていた本来の力が戻ってくるものだと思ってください。

案外エネルギーが眠っているものなんですよ、僕たちの体と心には。

筋トレのメリット(まっともの場合)

僕の経験から、こんなことも付け加えたいです。

  • 精神の安定(心理状態の改善)
  • 肩こり・腰痛からの解放

 

精神の安定(心理状態の改善)

筋肉がついてくると心に落ち着きが出てきて、多少のことに動じなくなります。

鈍感になるのとは違います。

犬に例えるとわかりやすいと思います。

小さな犬は人が近づくときゃんきゃん吠えて走り回ります。

大きな犬は泰然としていてめったなことでは吠えたりしません。

 

焦燥感に流されなくなりますし、

人は平常心を失うと正常な判断ができなくなっていきますから、

特に逆境に向かっている身には精神の安定は大事です。

発達障害のマイナス面の抑制に有効かも?

ADHD・アスペルガー症候群といった発達障害の、他人に迷惑をかけてしまう面を抑制するのに筋トレは効果があるかもしれないと個人的に思っています。

発達障害については僕自身当事者ですが、とりとめのない思考や他人を疲れさせる言動に少しブレーキがかかるのを感じます。

心の落ち着きによって少しだけ自分がやろうとしていることが客観的に見られる気がします。

肩こり・腰痛からの解放

僕は20歳頃から36歳で筋トレを始めるまでの約16年間、ずっと肩こりと腰痛に悩まされていました。

鍼やお灸、カイロプラクティクなど、いろいろな治療手段を試しました。

しかしその場では一応の改善がみられるのですがすぐ元に戻ってしまう、の繰り返しで根本的に改善しません。

元に戻りやすい原因は筋肉が足りないからだ、と先生から指摘されました。

骨を本来あるべき位置関係に戻すだけの力がない、ということでした。

先生の指摘は正しく、筋トレを始めてからはほとんどお世話になることがなくなったのでした。

まとめ。筋肉のメリットはお金では買えない。

筋トレのメリットを一言で表すならば、「総じてQOLの向上」と言えます。

そしてそれらは物質(すなわちお金)では手に入らない領域であることに注目していただきたいです。

すなわち筋肉にはお金以上の価値があるのです・・・

 

表立っては語られないけど、大きな大きなメリット

最後にもうひとつ、あまり語られないメリットをお伝えしておきますね…

あの…はい…夜の生活の方が…とても良くなるんです…

本当?と思ったあなたは是非、スクワットから試してみてください…

男性にも女性にもお勧めです…

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ スマホ・スマホゲーム依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. ダイエット

    糖質制限ダイエットは糖質だけ気にしてると失敗するよ、というお話。
  2. 仮想通貨

    借金持ちでも仮想通貨投資するよ!Zaifで月2000円の積み立て開始。【その4】…
  3. ブログ運営

    ブロガー必見のWEBマンガ「アオイトリデ」やまもとありさ
  4. ブログ運営

    ブログをやめてしまうのは「意志の弱さ」ではない。
  5. よりよく生きていくために

    スマホゲーム依存を断つ方法5つ。自分自身に課金しよう。
PAGE TOP