借金の話

自己破産について、法律事務所に電話して聞いてみた。

まっとも(@yarukisense)です。

この年の瀬に、僕はある大きな決断をしようとしています。

このブログを長く読んでくださっている方は想像がつくかもしれません。

しばらく前から薄々考えていたこと。

そう、債務整理です。

もう、詰み。膨れ上がる一方の借金。しぼむ一方の本業。

初めてリボ払いに手を出したのは2010年のことでした。

この時期の僕は業績の不振と焦りと忙しさから意識が曇ってきっており
借金の総額、月の返済額、そのうち金利がいくらなのかも把握していませんでした。そんなことよりもとにかく返せばいいんだろ、的な発想です。

常に締め切りに追われていて、しかもそれを良しとするマインドでした。
友人の結婚式にも出られないレベルです。
この頃のことはプロフィールページこちらの記事からどうぞ。

しぼむ一方の本業。

僕の本業は、いわゆる斜陽産業の片隅の隙間産業です。

需要がなくなるわけではないでしょうが、収益は暮らしが立つだけが精一杯になってきました。
今後おそらく市場の拡張も単価の上昇も見込めないでしょう。
僕のところも含めた業者たちは消耗戦と残存者利益の争いの中にあります。

畳む必要まではなくても、力を注ぐだけの実りは期待できないと認めざるを得ません。

調べてみたところ仕事が回っている僕のところはまだ全然マシで、同業者はほぼ開店休業状態であるようです。

ジム通いで知能を取り戻す。

2014年の夏に、僕は運動不足とストレスから生命の危機を感じるほど体調が悪くなったのでジムに通うことにしました。

最初は嫌々でしたがこれが自分にとって大きな変革のきっかけとなりました。
まずメンタルが落ち着いてきて意識の曇りが晴れてきました。低下していた知能も多少戻った気がします。

しばらくすると借金の総額を毎月記録してみようという発想が生まれてきました。
それ以前の意識レベルの低さはもうまともな人間のそれではなかったと、今になって思います。

現在の借金総額とそうなるまでの途中経過。

2017年12月現在の借金総額は約565万円です。

2014年以降は日記に借金額を記録していたので見返してみますと、

2016年の12月時点での借金総額は366万円でした。
1年間で200万円増えています。

2015年12月時点では322万円

2014年12月は288万円

もはや詰み。

毎年収入が下がり、借金が増えています。

3年間で返済を続けながらも借金額は2倍に膨れ上がりました。

鈍感な僕でもわかります。

もうこれは詰みですね。

法律事務所に電話相談してみる。

ある法律事務所の電話相談で色々と聞いてみましたので、今日はその内容についてご報告したいと思います。

あくまでも僕が電話した法律事務所の話です。他の事務所の場合は違う答えが返ってくることが十分にあり得ますのでご注意ください。

電話相談で聞かれた7つのこと。

電話相談で名乗る名前はフルネームではなく苗字のみで大丈夫でした。

最初に電話に出てくださった職員の方に以下のことを聞かれました。

  1. 電話番号
  2. 職業
  3. 嗜好品(酒・たばこなど)の有無
  4. 現在の借入先、件数と金額
  5. 払っている税金の金額
  6. 20万円以上で換金できる財産(不動産・車など)の有無
  7. その他、支払っているものすべて

正直に答えましょう。

以下にひとつずつ見ていきます。

1.電話番号

携帯の番号で大丈夫です。

2.職業

自営業です。

3.嗜好品(酒・たばこなど)の有無

僕は酒もたばこもやりません。

コーヒーは好きなのでその旨はお話ししました。

コーヒー豆代として6,000円/月ほど使っています。

4.現在の借入先、件数と金額

  • 日本政策金融公庫:113万円
  • 地元信金:238万円
  • 地元地銀:198万円
  • カードローン:16万円

初めて借り入れをした日はいつなのかも聞かれます。

その他、持っている(使っていなくても)クレジットカードについても答えます。

僕はamazonなどでの買い物用のカード、車のETC用のカードがあります。

5.払っている税金の金額・健康保険

住民税などについて答えます。

健康保険は国民健康保険です。

6.20万円以上で換金できる財産(不動産・車など)の有無

総額ではなく単品で20万円以上で換金できる品物です。不動産も含みます。

幸か不幸か、僕の持ち物の中に該当するものはありません。
高級時計やブランド物などには縁も関心もない人生を送ってきました。

車については初年度登録から7年以上経っていれば価値無しとして処分を免れるという話をネットで見たのですが、この情報の真偽と自分に当てはまるかどうかについて今回の電話相談でここまで確認できませんでした。次に相談する時に聞いてみます。

7.その他、支払っているものすべて

  • 携帯電話
  • ジムの会費
  • クラウドサービス関係(Dropboxなど)

定期的な支払いについて答えます。

しかしすぐに全部答えられたか怪しいです。

後々洗い出す作業が必要になるのでしょう。

最適な債務整理方法は?

そしてこの内容を元に、相談員さんから一番適していると思われる債務整理の方法を以下の3つの中から提案されます。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

それぞれのメリットデメリットなど、詳しくはこちらの記事で解説しています。

僕が勧められたのは、

自己破産

でした。

自分では個人再生だと思っていたのに意外でした。

理由を聞いてみると、「個人再生と自己破産の場合で受けるデメリットに差がない。だから債務がゼロになる自己破産の方が有利ではないか」とのことでした。

要は僕に不動産などのめぼしい財産がないこと、すなわち取られるものがないことが決め手のようです。

こちらから質問した6つのこと。

気になったことを質問してみました。

  1. 事業は継続できる?それに伴うお金の動きに制限はある?
  2. 残す持ち物の金額はどのように算出する?
  3. 持っている仮想通貨はどうなる?
  4. 財産の査定や同居家族への面会などで家までくる?
  5. 家族に知られずに手続きできる?
  6. この電話相談は信用情報機関に記録される?

 

1.事業は継続できる?それに伴うお金の動きに制限はある?

事業の継続は可能です。

お金の流れを止められて従業員へ給料や取引先への支払いを制限されたりすることはありません。仕入れなどもカード決済ができない以外は通常通りです。

2.残す持ち物の金額はどのように算出する?

中古店の買取価格やオークションなどでの時価で算出されるようです。

あまり厳密でないとも言えますね…。

3.持っている仮想通貨はどうなる?

ビットコインやモナコインなど、破産するほど借金があるくせに投資なんかするなと言われそうですが、いずれも取得金額より値上がりしてますし、含み益ではありますがかなりプラスになっています。

手続きの時点で価値が20万円を超えていると没収されます。

これは売却して弁護士費用に充てるのが良いのでは、と言われました。

4.財産の査定や同居家族への面会などで家までくる?

来ません。

5.家族に知られずに手続きできる?

個人再生・自己破産の場合は同居家族に知られずに手続きするのは難しいようです。任意整理なら大丈夫と言われました。

僕が4.が気になった理由がこれです。

現在は母と同居していますが、母に破産のことを一切知られたり悟られたりすることなく手続きを終えたいのです。

理由は、母は亡き父に散々お金の問題で苦しめられたからです。
父は発達障害傾向が強くお金にだらしない人間で、母の名義で借金を繰り返していました(しかもそのお金で不倫するというクズっぷりです)。

実際問題として僕は父方の発達障害傾向を強く受け継ぎ、やはりお金に関して失敗してしまったわけですがもう母にそのような思いをさせたくはありません。

債務整理の手続きには家計収支表同居家族の収入証明書が必要になります。
これらを母の協力なしには用意できないのがおそらく僕の債務整理に際しての唯一のネックであると言ってよいでしょう。

相談員さんからは保険の申し込みに必要、という口実はどうかと提案されました。
しかし母は今までの経験から非常に猜疑心が強く(仕方ないと思います)、あまりうまく行くとは思えません。また協力的ではありません。

しかし何かしら理由が必要です。小規模企業共済で行けるかな…
破産手続きに影響がなければ実際に加入することもやぶさかではないのですが。

6.この電話相談は信用情報機関に記録される?

されません。

費用はいくらかかる?

着手金に30万円、成功報酬として20万円

また、管財人(個人再生の場合は再生員)に20~30万円ほど支払う必要があります。

自己破産にかかる費用は合計すると約80万円になります。

いずれも5万円/月程度に分割払いが可能だそうです。

手続き完了までの期間はどのくらい?

長くて1年ほどだそうです。

自己破産だと2~3ヶ月短く済む場合もあるそうです。

まっともの「Xデー」はいつ?

僕は来年の2月で40才になります。

決断は30代のうちにしようと思っています。

もしあなたが借金で苦しんでいたら、

相談だけでもしておくことをお勧めします。

今後の進み方がそれだけ早く決められるということですから。

再起にかけられる時間もその分稼げます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ スマホ・スマホゲーム依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

「司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」なら匿名・無料で借金減額の相談ができます。

あなたにもし借金があって支払いが苦しいのなら、減額できないか一度相談してみませんか。

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」でなら、人と会うことなくメールのみで借金の減額についての相談ができます。

まだ大丈夫と思っても借金は増えていませんか?
借金が増えると膨らむスピードも上がりがちになります。まさに雪だるま式というやつです。
手に負えなくなるまではあっという間です。案外早いですよ。

専門家への相談=破産というわけではありません。
自分の考えでは思いつかない解決策を提示してもらえる可能性が高いのです。
僕もそうでした。
これからどうするかはっきりしないから苦しいのではありませんか?

いつ何をしていても借金の心配が頭から離れず、「やばいよ、やばいよ・・・」とばかり思っていても状況は好転しません。

時間が経てばたつほど取れる手段も少なくなっていきます。
ですから、「何とかする」第一歩としてまずはこの司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断の匿名・無料相談を利用してみてください。

ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. ブログ運営

    ブログをやめてしまうのは「意志の弱さ」ではない。
  2. ブログ運営

    ブログリニューアル「筋肉で人生を良くしていくブログ。」になりました!
  3. スマホゲーム依存症、11月現在の状態について。

    スマホゲーム依存

    スマホゲーム依存症、11月現在の状態について。
  4. 生活の工夫

    三浦半島のスイカ直売所、選び方を教えます!
  5. note

    日本政策金融公庫の審査通過のために大切だと思うこと。[note]
PAGE TOP