借金の話

僕が債務整理をしない理由。

実はある方に借金の状況をお話ししたところ、「もう債務整理一択なのでは?」とアドバイスを頂いたことがあります。

匿名掲示板でも似たようなことを言われたことがありました。

実のところ借金が膨らむ一方の過程で何度も頭をよぎりましたよ。

この借金が全額免除になればどんなに助かることか。

せめて利息だけでもなくなれば。

そう思いながら街角法律相談所も何度も見ました。

債務整理にもメリット・デメリットがある。

しかし、債務整理をすれば借金が減額されたり免除されたりするメリットのことだけでなく、
その分のデメリットもあるのではないかと考えたんです。

調べたら、確かに無視できないレベルのデメリットがありました。

そして僕の場合、債務整理をすることが一概に楽になるとも言えないことが分かってきました。

 

今回は債務整理のメリット・デメリットと、微力ながらデメリットへの対策を、僕個人の視点から確認してみたいと思います。

お付き合いいただけましたら幸いです。

債務整理には3種類ある。僕に合っているのはどれか。

債務整理には3種類あります。

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 自己破産

下に行くほど効果も大きく、またデメリットもその分大きくなっていきます。

一つずつ見てみましょう。

1.任意整理

メリット

  • 手続きが比較的簡単(裁判所に行かなくていい)。
  • 将来の利息が免除される。

デメリット

  • 借り入れが5年間できなくなる。(ブラックリスト入り)
  • 免除されるのは利息だけで、元金は残る。
  • 安定した収入がないと手続きできない。
2.個人再生

メリット

  • 自己破産とは異なり、車や家を手放す必要はない。
  • 債務が1/5に減額される。つまり借金が8割引き。

デメリット

  • 借り入れが7~10年間できなくなる。(ブラックリスト入り)
  • 名前・住所が官報に載る。
  • 安定した収入がないと手続きできない。
3.自己破産

メリット

  • すべての債務が元金・利息共に免除される。
  • 収入がなくても手続きできる。

デメリット

  • 借り入れが7~10年間できなくなる。(ブラックリスト入り)
  • 名前が官報に載る
  • 免責決定までは特定の職業に就けなくなる。(士業や警備員など)

(書き出したメリット・デメリットは主なところです。すべてではないことにご注意ください。)

債務整理のデメリットを解決する方法を考えてみた。

債務整理には上で書いたようなデメリットがあります。

これは法律で決まっていることですから仕方ありません。

それでもなんとか不便さをカバーすることはできないものか、考えてみました。

あなたも僕と同じように借金で悩んでいたら、ここで挙げた手を使うことで債務整理のデメリットを軽減・または実質受けないようにできるかもしれません。

車を持てなくなる。

生活に車が必須、というと山奥の農村を思い浮かべがちですが、

自分の住んでいる郊外の廃住宅地目前みたいなところでも近いものがあります。

最寄り駅までは徒歩1時間弱。
カバン1つならともかく、仕事道具を持っての移動は実質無理があります。

ですので生活・仕事両面の足として車は手放せません。

カーシェアリングで対応。

カーシェアリングも随分広がってきました。

探してみると案外近くにあるものですよ。

タイムズなどの駐車場の一部分がカーシェア専用のスペースになっているのを見たことがありませんか?

近くにあればぜひ申し込んでおきたいですね。

車種を選びたいならレンタカーの方がいいですね。

 

新たな借り入れができなくなる。

クレジットカードは仕事上の決済で必要なので、カードが作れない・カードが使えなくなることは思っている以上に不便です。

消耗品を買ったりとか。仕入れとか。

クレジットカードなしで仕事することも不可能ではないですが、

コンビニ払いしたりできるようなお店が現実的な距離圏にありません。

プリペイドカードで対応。

クレジットカードが使えない問題にはNEOMONEYなどのプリペイドカードで対応できます。

どのくらい入金しておくか管理が難しいと思われる方は銀行口座からその場で引き落とされるデビッドカードがいいでしょう。

結局、僕には債務整理はまだ早い。

こうして見てみると、僕の場合は2.個人再生が妥当と思われます。

しかし問題があります。

  • 安定した収入がないと手続きできない。

これは「給与所得者になる」という意味です。

要は就職しろってことです。

ですが、僕は30代も終盤のこの年になるまで1度も正社員という立場になったことがありません。

初期のバイト兼業の時期を除いてはずっとフリーランスとしてやってきました。

協調性も従順さもない、そんな人間は雇う側としても避けたいことはよくわかります。

それに世の中の今後を考えると雇われる働き方も得策とは思えません。

また転職活動に時間を割いている間は、自動的に本業が圧迫されて収入が激減します。

そうすると弁護士費用も捻出が難しくなってしまいます。

それどころか元金も返済できなくなるかもしれない。

すなわち本末転倒なことになってしまうのです。

稼げないと結局なにも解決しない。

長々と書きましたが、要は稼ぎが足りないってことなんです。

ここを解決できないと債務整理したところで遅かれ早かれ同じようなことになるでしょう

「債務整理は繰り返す人が多い」という意見があります。

これは「ヤバくなったらまた債務整理すればいいや」という心によるものだけでなく、

充分以上に稼げるようにならないと結局解決しないんです。

ダメでもともと。なら動こうと決めた。

結局のところ言ってみれば債務整理しても稼げなければどっちみちダメ

ならせめてわずかでも債務整理せずに稼ぐ可能性に賭けてあがいてみようと。

ダメでも、もともとです。

そうでないと死んでも死に切れません。

今の状況を生かす。

なにより、僕はまだ動けます

うつとか、病気とかでどうにも手が止まってしまうという状況ではないんです。

ぶっちゃけ、守るべき人もいない身です。

さらに、状況として幸か不幸かという感じですが

気を病んだ母親がおり、現在一緒に暮らしています。

生活費を折半しているため固定費がひとり暮らしの時ほど多くかかっていません。今は、ですが。

あとどのくらいの間この状況にいるのかわかりませんが、ブログ・アフィリエイト的にはむしろ生かせるものです。

ですので、今のうちに何とか畑を作って種をまいています。

お金の使い方が下手な理由が少し見えた。

僕は飲みに行ったり遊んだりしませんし、嗜好品の類も家でコーヒーを飲む程度です。

友達少ないです。

ですので生活と仕事の経費以外の支出って実のところほとんどないんです。

昔からそうでした。だからお金をあまり使わなかったせいでお金の使い方が身に付かなかったんじゃないかとも考えられますが。

ちょっとした工夫と出費で心のありようがこんなにも豊かになる」みたいなことを知らずに生きてきてしまったのです。

 

だからこういうことになります。

飲み物のコースターにさえビビってしまう。

「ちょっとした贅沢」にビビっちゃうんですよ。

お恥ずかしい話、友人宅で出された飲み物にコースターが敷いてあっただけでも内心軽くビビってます。

だってコースターって絶対に必要なものではないじゃないですか。

なのにわざわざ用意している。

この余裕。

底が知れぬ。

こわい

とまあそんな人間なんです僕って。

ああ、生い立ちとか記事にしてみようかな。

このブログのプロフィールページを書いてみました。
どんな育ち方をすればこんな人間が出来上がるのか、見てやってください。

解決法は「稼ぎを増やす」一択。

上にも書きましたが、問題は稼ぎが足りないことなんです。

収入と月々の支払いとの損益分岐点は約30万円。充分現実的な金額です。

ならば本業を立て直して、ブログの収入でさらにブーストする

これがベストな方法だと判断しています。

ですので、僕は債務整理はしません。

最後の砦。

しかし、このブログ計画が失敗すればもう打つ手はないでしょう。
ここは僕が調べた債務整理を得意としている弁護士事務所です。
万策尽きたと思える日が来たら、門を叩こうと思います。

 

アマゾンプライム30日間無料体験!

アマゾンはもはや現代においてインフラと言っていい存在になりました。

プライム会員ならお急ぎ便無料、一部のkindleを無料で読める、などの特典がたくさんあります。絶対に入っておいたほうがいいです。

まだ会員でない方は30日間の無料体験ができますよ。

Amazonプライム30日間無料体験

ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. 借金持ちのための体調管理術

    借金持ちの味方、オートミールで腸から元気になろう!
  2. ブログ運営

    運営報告4【2017.10.1.~10.31.】
  3. 仮想通貨

    借金持ちでも仮想通貨投資するよ!やってしまった?XEM高値掴み!【その5】
  4. 筋肉フリーランスの業務日報

    筋肉フリーランスの業務日報 2019年7月
  5. ブログ運営

    運営報告8【2018.2.1.~2.28.】
PAGE TOP