スマホゲーム依存

「SNS依存」を治療する。

ゲーム依存は倒した…。だが、次なる敵が待っている。

ゲーム依存からの生還を果たした僕ですが、

まだまだ消耗の種が体に埋まっているのを感じています。

それは、

SNS依存です。

朝からSNS。起きて5秒でSNS。

ここでまた僕の恥ずかしい生活習慣を暴露したいと思います。

実はスマホゲームにのめり込む前からの僕の悪習です。

朝起きたらPCを立ち上げ(ここまではいいとします。要は何をするかなので)

歯を磨く前にSNSを開いて前日に最後に見ていた投稿まで全てをチェックします。

歯ぐらい磨いてからにしようよ。

今やっているのはTwitterとFacebookの2つですが、

これだけで2時間はふっとびます

スマホでゲームをするようになってからはこの時間の合間にゲームをして、

ゲームのロード中にSNSを見て、とやっていました。

自分は没頭しているつもりで、むしろ待ち時間を有効に使っているつもりですらあったのですが、とんでもないです。

消耗が倍になるだけでした。

【追記】
2018年5月現在、僕はスマホゲーム依存症から立ち直ることができています。

スマホゲーム依存を克服するために、僕が具体的に何をしたか。

こちらのnoteでお読みいただけます(ロゴをクリック)↓↓↓

記事:スマホゲーム依存症を克服。2年間苦しんだその行動と思考の軌跡をご紹介します。[note連動企画]

完全に断つわけにもいかないSNS。

ゲームは特にゲーム自体が楽しいという以外のメリットはもたらしませんが(※僕にとっては、です)、

SNSの場合は情報収集という側面があります。

もう少し分けて考えてみますと

  • 世の中の動きや情報を知る
  • コミュニティとの接点
  • 近況のリアルタイム報告

などのため、世間への窓口としてのツールという側面があり、

完全に断ってしまうのも難しいところです。

ネガティブイメージによる消耗。

僕は本名名義でfacebookに登録しているんですが、

覗いてみると毎日毎日「こんないいことありました」のオンパレード。

日々、借金自分の無能さと戦っている僕はもう精神やられるんですw

フリーランス仲間(仲間?)の連中とかも

「今日はこんな集まりに出ました。〇〇さんとパチリ」
「〇〇さんとご一緒させて頂きましたぁとても光栄ですぅ」

なんて。

本当にそう思ってる?

実際そんなに仕事なくて借金だらけのくせにさ。僕もだけど。

もうやめようよ 見栄の張り合い。

もうやめようよ 充実自慢。

一種の自己暗示でもあるわけでしょ?

見栄を張ったところでが幸せにつながらないってことはもうみんな感覚的には分かってるはずだと思う。


そう思っていればいつか叶う?

何年経ってるんだよ。

自分も周りも状況は悪くなるばかりなの見えてるのかな。

とまあ、こんな調子です。

こういうネガティブ想念って自分自身をむしばむんです。

あなたはそういう気持ちになったことはないですか?

僕は、そんな気持ちでいる限り絶対に幸せになんかなれっこないと思ったんです。

そこで対策を考えてみました。

SNS別の依存軽減方法。

対Twitter

タイムラインはホームで追わず、リストで見る。

僕の仕事用アカウントで数百人くらいのフォロー/フォロワーの中、
有益なことをつぶやいてる人って10人くらいです。

あとはごく親しい友達数人。人を消耗させるような投稿をする人たちではありません。

彼らのアカウントだけで非公開のリストを作り、普段はそれだけしか見ていません。

他のタイムラインは何か通知が来た時に開く程度です。

対Facebook

基本的に放置します。

お知らせが来た時だけ見る。

友人・知人の誕生日くらいはお祝いしておこうかなと。

正直、facebookを開くとフェイクニュースやだまし系アプリなどで嫌な気分になることが多いので見ないに越したことはないと思っています。

全てを把握しなくても実は何の問題もないことに気づく。

両方に共通するのは

「すべてを把握するのをあきらめる」

というマインドセットです。

言い換えれば、「すべてを把握していないと気が済まない」からSNS漬けになるとも言えます。

自分が知らないところでの会話は知らないと。

これでいいと思うんですよね。

実際リアルでもそうじゃないですか。

「友人知人関係の会話全て知ってるわけじゃないでしょ?

それで別に問題ないでしょ?」

そう思ったら、僕は楽になりました。

でも、朝起きてすぐSNS見てしまう癖そのものは治ってないですねー。

上の工夫で処理する情報量が減っただけまだましではありますが。

 

アマゾンプライム30日間無料体験!

アマゾンはもはや現代においてインフラと言っていい存在になりました。

プライム会員ならお急ぎ便無料、一部のkindleを無料で読める、などの特典がたくさんあります。絶対に入っておいたほうがいいです。

まだ会員でない方は30日間の無料体験ができますよ。

Amazonプライム30日間無料体験

「司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」なら匿名・無料で借金減額の相談ができます。

あなたにもし借金があって支払いが苦しいのなら、減額できないか一度相談してみませんか。

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」でなら、人と会うことなくメールのみで借金の減額についての相談ができます。

まだ大丈夫と思っても借金は増えていませんか?
借金が増えると膨らむスピードも上がりがちになります。まさに雪だるま式というやつです。
手に負えなくなるまではあっという間です。案外早いですよ。

専門家への相談=破産というわけではありません。
自分の考えでは思いつかない解決策を提示してもらえる可能性が高いのです。
僕もそうでした。
これからどうするかはっきりしないから苦しいのではありませんか?

いつ何をしていても借金の心配が頭から離れず、「やばいよ、やばいよ・・・」とばかり思っていても状況は好転しません。

時間が経てばたつほど取れる手段も少なくなっていきます。
ですから、「何とかする」第一歩としてまずはこの司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断の匿名・無料相談を利用してみてください。

ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. 破産者でも公的融資が受けられる。

    借金の話

    債務整理もありかもしれない。破産後の事業資金調達の道が見えた。
  2. ハゲ

    ハゲに対抗しうる究極のソリューションはスキンヘッドと筋肉だ。
  3. 借金の話

    自己破産について、法律事務所に電話して聞いてみた。
  4. 借金の話

    自己破産で心配なこと。
  5. 借金の話

    自己破産回避。急転直下で再生への道が開けた話。
PAGE TOP