言葉

情報コレクター脱却!PDCAを回すための具体的な最初の1歩とは。

何をするにおいても情報収集は大事です。

昔から「情報を制するものが戦いを制する」と言われてきました。

手段の目的化は人を消耗させる。

しかし「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ということわざもまた真実で、

情報量が増えすぎると核心を見つけ出すのは難しくなっていきます

しだいに情報を集めることだけに没頭するようになっていったりする人も少なくありません。手段と目的が入れ替わってしまっているんですね。

僕のことです。

いろいろな人の意見や、商品の比較とか。暇さえあればネットオークションをあさったり。

僕のことです。

情報収集だけで疲れてしまって、気がつけば実践するエネルギーが残っていない。

僕のことです。

そしていつの間にか情報を集めること自体が目的の情報コレクターになっている。

さて誰のことでしょう?

思い返せばいつもこうだった。

完全に目的と手段が入れ替わっています。本末転倒ですよね。

僕は過去、何かに夢中になるたびにそんなことだらけでした。

あなたにはそんな覚えはありませんか?

情報は栄養素。無理なく消化吸収できる量を食べよう。

昔の僕は、持っている情報量を増やせば核心に出合う確率も増えるのでは、と無意識に思っていたのでしょう。

あながち間違いとは言えないかもしれませんが、

欲しい核心(確信でもある)が得られなければ得られないほど、まるで食べれば食べるほど飢えるかのように情報収集に費やすエネルギーが大きくなっていきます。

しかし。

人間、処理できる情報量には限りがあります

食べたものを消化吸収する能力には限りがあるように、です。

食べ過ぎれば胃もたれを起こしたり、お酒なら二日酔いになったりしますね。

食べれば食べるほどおいしいとか、飲めば飲むほど気持ちよく酔えるということはないはずですね。

適量というものがあるのです。

そして消化吸収やアルコール分解の力は、人によって大きく差があることも事実です。

だから、自分がどれだけ食べたり飲んだりできるのか知っていることが大切なのです。

別に少なくたって恥ずかしくないですよ。

要は自分を知っているか、なのですから。

PDCAに、やっていることがいつのまにかなっている。

ですので、ある程度のところでインプットを遮断しないと得た情報の維持や整理だけで疲弊してしまうことでしょう。

インプットの次はアウトプットです。

今度は手を動かすことを優先する時です。

何かやってみて、結果がどうだったか受け止める。

次はこうなってほしいとか、こうなるかなとイメージを持ちながらまたやってみる

たぶんその周期は一般的に言って成果を出せる範囲で短いほどいい

周回する数がその分増えるからです。

慣れたら計画確認もぬかりなく。よりはかどることでしょう。

それが、巷で言われる「PDCAを回す」ということなのです。

PDCAを紐解いてみる。

PDCAとは。

P…Plan(計画)
D…Do(実行)
C…Check(確認)
A…Ajust(改善)

 

A」の部分については他の言葉を入れる人もいますが、意味としては「改善」で共通します。

Plan(計画)から始めようとして「何も思いつかない…」と止まってしまう人、多いのではないでしょうか。

Pを飛ばしてしまうというのもスタートアップの一つの手です。

Do(実行)から始めるんです。

回転していれば一周回ってPに戻ってくるんですから、スタート位置はどこだっていいのです。

ハンドスピナーをどこから回転させても同じなのと一緒です。

もっと言えば、いきなりPDCAの4つはできない。

まずD、つぎにP。最初はDPでいいんです。

次はCheck(確認)を入れます。何が良かったか。何がいけなかったかを考える段階です。

Ajust(改善)を入れられれば脱・初級まで来ました。

こうすればこうなるという因果関係がある程度想像できることが必要ですから。

CAには人の力を借りるのもいいと思います。

友人・先輩・先生がいればお願いできますね。

ホールインワン以外は無価値なの?ベストな結果を作るのは積み重ね。

そしてPDCAすべての段階に言えることですが、

  • 間違ってたっていいんです。
  • ベストな方法じゃなくていいんです。

やったこと自体に意味があるのですから。

ゴルフだったらホールインワンしなきゃ意味がない?違いますよね。

1打ずつ数を重ねながらホールを回っていきます。

1打でホールインワンできなかったからその打には価値がなかった?そんなことはないですよね。

とりあえず最初はパー目指してボギーでもいいんです。

上手くなればバーディーを出せるようになる。

ホールインワンは様々な条件が重なったいわば偶然の産物であって再現性がありません

ゴルファーは1打でも減らしていくことを積み重ねていくことによって結果的にランキング1位になれるのです。

おわかりいただけますでしょうか。

まずDからが正解。いきなりはじめてしまおう。

ですので、まずはDo(実行)です。

例えば、

  • 楽器なら、教則本を開く前に音を出してしまう。
  • 水泳なら、犬かきの真似事だっていい。
  • ダンスなら、2~3秒くらいの瞬間をまねるつもりで体を動かしてみる

でたらめだっていいんです。

先に小利口になっておこうとしたところで

これから目指す境地から見れば誤差以下

ですから。

準備ができていない?

準備ができてること踏み出せることは違うんですよ。

準備ができたから動いたわけじゃないんです。

RPGだって最強の装備が揃ってから旅に出るわけではないでしょ?

最初はどうのつるぎかわのよろいでいいんです。

全ての要素が揃わないと動き出せないという人。

これは準備ではなく、まだあれがたりない、これがない、と粗さがしをしているだけです。

何のために? 

やらずに済ますためですよ。

やらないことを正当化しているんです。

クォリティや巧拙が問題ではない。

クォリティは低くて問題ありません。

上手いか下手かが問題ではないのです。

問題はやるかやらないかです。スタートアップ段階だけでなく、いつになってもそうです。

始めたこと自体が一番大事。

他人と比べない。

他人との比較?もっと意味がありません。
上を見てへこむようなメンタルなら下を見て安心してるでしょ?
下だと思っていた存在に追い抜かされれば自分のプライドを守るための理由なんていくらでも思いつく。

ええ、僕がそうでしたから。

価値は一歩を踏み出したこと自体にあるんです。

おわりに。

決心がつきそうなあなたにも
まだためらうあなたにも
最後にこの言葉を贈ります。

『このままでは、一生「このまま」だ。』

-堀江貴文「ゼロ」より-

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ スマホ・スマホゲーム依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

アマゾンプライム30日間無料体験!

アマゾンはもはや現代においてインフラと言っていい存在になりました。

プライム会員ならお急ぎ便無料、一部のkindleを無料で読める、などの特典がたくさんあります。絶対に入っておいたほうがいいです。

まだ会員でない方は30日間の無料体験ができますよ。

Amazonプライム30日間無料体験

「司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」なら匿名・無料で借金減額の相談ができます。

あなたにもし借金があって支払いが苦しいのなら、減額できないか一度相談してみませんか。

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」でなら、人と会うことなくメールのみで借金の減額についての相談ができます。

まだ大丈夫と思っても借金は増えていませんか?
借金が増えると膨らむスピードも上がりがちになります。まさに雪だるま式というやつです。
手に負えなくなるまではあっという間です。案外早いですよ。

専門家への相談=破産というわけではありません。
自分の考えでは思いつかない解決策を提示してもらえる可能性が高いのです。
僕もそうでした。
これからどうするかはっきりしないから苦しいのではありませんか?

いつ何をしていても借金の心配が頭から離れず、「やばいよ、やばいよ・・・」とばかり思っていても状況は好転しません。

時間が経てばたつほど取れる手段も少なくなっていきます。
ですから、「何とかする」第一歩としてまずはこの司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断の匿名・無料相談を利用してみてください。

ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. ブログ運営

    Bloggerテーマ変更。プロブロガーからのアドバイスとは。
  2. よりよく生きていくために

    人生を治療するための「いらないものリスト」を作ってみた。
  3. 近況報告

    2017年を振り返ってみる。
  4. 借金の話

    J.Scoreってどうなの?実際にAIの評価を受けてみた。
  5. よりよく生きていくために

    年下や同期が上司になったら。
PAGE TOP