生活の工夫

道具のせいにする前にまずメンテナンス、でしょ?【コーヒーミルの手入れ】

皆さんはコーヒー好きですか?

僕はコーヒーが大好きです。
ほぼ毎日自分で淹れては飲んでいます。

特に朝の1杯目のコーヒーは気分的にもすごく大事で、淹れ具合の成否によってその日一日が占われるかのような気もちにもなりますね。

豆にもこだわっていて、美味しいコーヒーを淹れてくれる個人経営の喫茶店から買い求めています。

抽出方法はペーパーよりもネルドリップ。布で濾す昔ながらのやり方です。ペーパーに比べて豆の成分がより多く溶かし込まれてくるので味により深みが出てきます。

そのネルドリップの道具もお店で使っているものを無理言って分けてもらいました。

コーヒーをよりおいしくする要素はいろいろあり、誰でも出来そうなところでは

  • 豆の種類
  • 焙煎の深さ
  • お湯の温度
  • 淹れるスピード(かける時間)

などが挙げられます。これらをコントロールすることでより自分の好みに近づけることができます。

そして僕は自分なりにこれらを研究して、出た成果にそこそこ満足してはいました。

味が落ちてきた?

しかし近頃、家で淹れるコーヒーだけが明らかにおいしくなく感じられていました。

上等な豆を買ってみてもなんだか妙な雑味のようなものを感じるのです。

件のお店や、元喫茶店勤務の友人が淹れてくれたコーヒーは美味しく頂けていて感動すら覚える時もあります。

なので自分の味覚が変わったわけではなさそうです。

どうしてこうなったのでしょう。

その理由と原因を解明・解決できましたので、レポートしたいと思います。

道具のコンディションを見直す。

明らかに味が落ちてきたうちのコーヒー。

原因は何だろうと考えを巡らせました。

豆は買いだめせずにいつも新しいし、
淹れ方のルーティンが変わったということもないと思う。

そうこう考えているうちにまた悪い癖で新しいポットを買って試してみるのがいいかもとか、
ドリップ方法を変えてみるかとか、
カップによって味の感じ方が違うのも確かだし、とか。
まあ原因を手段や道具の種類に求めがちになっていきました。

いつもこうなんです僕って。
当然それで解決した試しはほぼありません。
変化は出るのでそれで自分を納得させるんですが、根本的な問題が手つかずのまま残ります。

今回もそのパターンかと思われましたが…

道具のメンテナンスをしましょう。

ある日、お店で豆を買っているとき、スタッフの方がミルの掃除をしていました。
刷毛とキッチンペーパーを使って隙間に残ったコーヒー粉を丁寧に取り除いています。

ミルとはコーヒー豆を砕いて粉にする装置です。
コーヒーは豆のまま保管しておいて、淹れる段階で初めて粉にした方がより一層香りや味が良いコーヒーが淹れられるのです。

お店にあるのは業務用の大きい電動ミルです。
僕が持っているのは古い手動のミル。
しかし本質は一緒です。コーヒー豆を粉にする役割に変わりはありません。

ここで気が付いた違いはこうです。

お店のプロの方はミルをメンテナンスして美味しいコーヒーを淹れている。
素人の僕はミルのメンテナンスをせずに淹れたコーヒーがおいしくないと言っている。

・・・。

これはもうやるべきことは決まった気がしますね。

今やるべきは道具の買い足しや買い替えではなく、持っている道具のメンテナンスです。

ということでミルの掃除を行うことにしました。

以下に流れをレポートします。

コーヒーミルメンテナンス開始。

まずはこれが僕の使っているミルです。
手動式で、一度に1~3人分の豆を挽くことができます。

20年近く前に東急ハンズで買ったと記憶しています。
商品紹介のリンクとか貼りたいんですが、もう使い込まれて外見ではどこのメーカーのなんという製品かもわからなくなってしまいましたw

手動ミルちょっと寄り手動ミルちょっと引き

この木製のハンドルがまたいいんです。手になじむ安心感があります。

手動ミルハンドル外し

頭のねじをゆるめてハンドルを外します。

よく見ると自然なサビやくすみでかなり渋い風合いになっていました。

手動ミル ハンドルとパーツ

外したハンドルと付随するパーツやネジたち。
あとで戻す時に分からなくならないように付いていた順番に並べておきます。

上部外し

次に上部のドーム状の部分を外します。
写真ではもう取り除いた後ですが、やっぱり隙間に過去の粉が結構な量入り込んでいました。

軸の下の方の部分がちょっと膨らんでいるように見えます。
これはコーヒー豆の脂が微粉を集めて土のようになったものがこびりついているのです。

上部清掃前

ドーム状のパーツの裏側。
ここにも脂がたまっています。
土みたいなものがそうです。

下部清掃前

土台側を裏から見たところです。
ここで臼のようにコーヒー豆をすりつぶして粉にするわけです。

微粉たくさん

金属部分を外すと隙間に入り込んでいた粉がたくさん落ちてきました。

軸清掃前1

先ほどの軸にたまった脂を落とす作業に入ります。
上半分はネジになっているのが見て取れますが、
問題は下半分ですね。もう輪郭変わるほどたまっているのが見えますでしょうか。

キッチンペーパー

今回のメンテナンスに使う道具はキッチンペーパーとスプーン・フォークのみ。
これらを使ってこすることだけで清掃を進めていきます。
洗剤・せっけん・クリーナーの類は使いません。
ケミカルなにおいが残ってコーヒーの風味に影響を与えることを避けたかったからです。

 

軸清掃中

そして軸に残った脂、これが予想外の量でした。
親指で軽くこそげ取ってみたら

うわわわわ

完全に土です。
てかこの部分は常に豆に触れてるんですが、
これはいけませんね。
すべて取り除きます。

下の粉を受けるカップの部分もビフォー・アフター。
ビフォー(左)では脂で底の木目が見えませんでした。

カップ清掃前カップ清掃後

微粉の山最後に脂+隙間から出てきた粉がどのくらいのものか集めてみました。
ゆうにコーヒー1杯分くらいの量はありましたね!!
長年かけて酸化したこれらが新しく挽いた粉に少しずつ混ざり、
コーヒーの味に悪影響を与えていたのは想像に難くありません。

キッチンペーパー使用後  

キッチンペーパーも満身創痍。
お疲れさま。ありがとう。

味はどうでしょう!?

綺麗になったミルでコーヒーを淹れてみましょう。
はたしてどのくらい変わるものなのか。
きっと皆さんも気になりますよね。
僕はすぐさま試さずにはいられないほど気になりましたw

豆10g

1人前で約10gの豆を使います。
大体この計量スプーン1杯でそのくらいの量が取れます。

淹れ前
豆を挽いたところ。
今日はペーパードリップにします。

淹れ中丁寧に淹れます。
この時結構ドキドキしていましたw

コーヒー

カップに入ったコーヒーはもう見た目からして透明感が違います。
味や香りも透き通って、気になっていた雑味は感じられなくなりました。

これがこの豆本来の味…本当の力…。

結果としてお店の味にかなり近づいたように思います。

雑味だと思っていたのはたまった脂や粉の味だったのかもしれませんね…。
今まで僕は何を飲んでいたのでしょう…w

まとめ。

結果、メンテナンス作戦は大成功でした。

今回の教訓です:


道具のせいにするよりまずメンテ!!

皆さんの参考になれば幸いです。
ありがとうございました。

また次回。

アマゾンプライム30日間無料体験!

アマゾンはもはや現代においてインフラと言っていい存在になりました。

プライム会員ならお急ぎ便無料、一部のkindleを無料で読める、などの特典がたくさんあります。絶対に入っておいたほうがいいです。

まだ会員でない方は30日間の無料体験ができますよ。

Amazonプライム30日間無料体験

「司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」なら匿名・無料で借金減額の相談ができます。

あなたにもし借金があって支払いが苦しいのなら、減額できないか一度相談してみませんか。

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」でなら、人と会うことなくメールのみで借金の減額についての相談ができます。

まだ大丈夫と思っても借金は増えていませんか?
借金が増えると膨らむスピードも上がりがちになります。まさに雪だるま式というやつです。
手に負えなくなるまではあっという間です。案外早いですよ。

専門家への相談=破産というわけではありません。
自分の考えでは思いつかない解決策を提示してもらえる可能性が高いのです。
僕もそうでした。
これからどうするかはっきりしないから苦しいのではありませんか?

いつ何をしていても借金の心配が頭から離れず、「やばいよ、やばいよ・・・」とばかり思っていても状況は好転しません。

時間が経てばたつほど取れる手段も少なくなっていきます。
ですから、「何とかする」第一歩としてまずはこの司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断の匿名・無料相談を利用してみてください。

ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. 言葉

    「好きにしろ」という言葉の真意
  2. ブログ運営

    運営報告3【2017.9.1.~9.30.】
  3. 仮想通貨

    借金持ちでも仮想通貨投資するよ!まずは本で勉強!【その2】
  4. 生活の工夫

    道具のせいにする前にまずメンテナンス、でしょ?【コーヒーミルの手入れ】
  5. ブログ運営

    運営報告8【2018.2.1.~2.28.】
PAGE TOP