スマホゲーム依存

「決定疲れ」に気づいていますか?スマホゲーム依存による人生の消耗を防ぐには【その1】

 

人間の「意志の力」は無尽蔵ではなく限りがあると、いろいろな本で見るようになりました。

長時間の「決定の連続」によってその後の決定の「質」が劣化するそうです。

意志力が有限であるというのは、ダイエットの食事制限で

我慢に我慢を重ねてもいつかは決壊してしまうことを想像しても納得できますね。

僕たちの意志の力を吸い取る現代ならではのブラックホール。

現代には僕たちの心の力、意思決定力を吸い取るブラックホールのような存在があります。

それは・・・スマホゲーム、です!!

普通のゲームとは似て非なる存在です。

ゲームプレイは常に「決定」の連続です。

ただボタンをタップするだけじゃないんです。
タップの前に瞬間的な判断があることに気が付きました。

そしてこれが思わぬ消耗を生み出していたのです。

【追記】
2018年5月現在、僕はスマホゲーム依存症から立ち直ることができています。

スマホゲーム依存を克服するために、僕が具体的に何をしたか。

こちらのnoteでお読みいただけます(ロゴをクリック)↓↓↓

記事:スマホゲーム依存症を克服。2年間苦しんだその行動と思考の軌跡をご紹介します。[note連動企画]

ノルマ化するゲーム内イベント

僕はゲームが好きです。

毎日iPhoneアプリでいくつかのソシャゲをやっています。

その中の1つを例にとってご紹介します。

アニメにもなった漫画が元になったゲームで、僕はその漫画の大ファンです。

ゲームのシステムは基本プレイは無料・一部有料でアイテムが買える(課金)、というよく見るタイプです。

やることが多いし、日数もかかる。

僕はこれをほぼ無課金(数千円の石を1度だけ買いました。)でやってるんですが、これって疲れるんですよねぇ。

キャラクターを強くするにはアイテムを装備させることが必要です。
そのアイテムはかけらを集めて1つのアイテムを完成させ、それがより強いアイテムの材料になり、そうして作ったアイテムもより高レベルのアイテムの材料になります。
そしてこの作業がキャラクター何十人分とあります。

全員分揃えるのに何か月?何年?
ゲームのサービス期間が先に終わってしまうことの方が心配ですw

ゲームの中でも外でも気が抜けない。

戦闘シーンはリアルタイムで進行し、一瞬のタップの遅れが即敗北につながることもあるシビアさです。

  • 10分ごとにイベントの挑戦権が1日5回発行される(これが5種類)
  • 12:00~14:00までの間にログインすればボーナスのポイントやアイテムがもらえる(それが1日に3回ある)
  • 週末の22:00にはギルドごとの総力戦イベントが開催される

などなど毎日たくさんのイベントがあります。

これらのことは僕の心の片隅から常にアラートを発し続け、時間になったらログインしなきゃと焦らせてきます。

気づかずに逃してしまった時には結構落ち込んだりもしますね。

持久力と忍耐力も必要。

1周15戦するマラソンのようなイベントもあって、全部クリアすると結構な報酬になるのですが1周するのに25分くらいかかります。
その間戦闘では気が抜けず、自軍が不利になってきたら撤退してやり直しもできますが、その間ずっと戦闘画面に注意を注いでいないとあっという間に負けてしまいます。
そうなったら再チャレンジは翌日以降。

と、書きだして思ったんですがえらく疲れますねこれ。よく毎日やっているなぁw

毎日すべてのミッションをこなすと1日延べ3時間近くかかるかもしれません。

もう完全に「ノルマ」を消化している気分です。

疲れてもなお続けさせられてしまう

これを1年以上も続けています。

続けてきた原動力は原作の漫画の大ファンなので、その世界観に浸ることができるのが幸せ、というところです。元になったのがこの作品じゃなかったらやってないですw

好きでやってるとは言え、正直消耗は否めないです。

飽きもあるので出来ればほどほどに距離を置きたいのが本音です。

まあ運営サイドはそうさせない仕組みとして、あれこれイベントや豪華な報酬を考えてきますよね。

時間の経過による行動ポイントの回復やらボーナスやらがやらないと損してるような感覚を生み出しています。

商売としてはアクティブなユーザーを増やし続けないといけない事情もあるのでしょう。

何を「節約」するかを決める。

とまぁ、疲れることばかり書いてしまいましたがやっぱりゲームは楽しいです。

しかし無邪気に楽しめる段階を過ぎてしまって疲れが見えてきて、
消耗感がなんか人生にまで影響してるんじゃないかな
、と思い始めたけどやめられないって方も多いのかなと想像しています。
僕自身そうです。

今までつぎ込んだお金のほかに時間・エネルギーまで考えるとなかなかスッパリとは難しいのが人間です。

でも自分の人生は自分で守りますよ僕は。

無課金で、報酬関係はもらえるものを全部もらって、という考えでやってきました。

これは損したくないという気持ちが行き過ぎている状態なので、

一度、整理が必要になってくると思います。

消耗による意志力の低下や、使った時間の時給換算を考えると、

実際それって逆に損してるんじゃないかな?って思ったんですよ。
例えば、

無課金でお金を守ったつもりが、アイテム集めに時間を取られすぎて
その時間は自分の時給換算で何円分だっだだろう?


タイムボーナスの報酬を残さず取るためにどれだけの意志の力を消費しただろう?

それで現実の精神活動のクォリティを落としていないか?

これらって明らかに人生的に損です。

ゲームの楽しみを差し引いてあり余ります。

2つの解決法を考えた。

何とか自分の楽しみや、消耗したエネルギーを取り戻さないといけません。

そこで僕が考えた道は2つ。どちらかを選びます。

1.無課金にこだわらない。

前述のアイテム集めは、もしかしたら必要最低限の課金を選んで時間と意志力を節約した方が得策なのでは、と思いました。

育成するキャラを思い入れが一番深い1~2人、それだけでは実用的でないなら1つのパーティーができる程度に絞るとか。

あとは案外「気が済む」までの時間を縮めてしまった方が後腐れなく離れられるかもしれないですね。注ぎ込んだリソースの「時間」が減るわけですから。

課金への言い訳とかじゃないですよ。
課金額が時給換算したよりも少なければ、費用対効果的には見合っているのではないかと思います。

2.ゲームへの参加の規模を縮小する。

ゲームへどのくらい参加するかを限定します。
僕はこちらを選びます。

例えば

  • タイムボーナスを追わない。
  • 定時のイベントに参加しない。
  • 課金しなければ出ないキャラはいないものと考える。

僕はまずタイムボーナス系を全部追わない、ということから始めたいと思います。

ゲームを「追ってくるもの」から「楽しむもの」に戻します。

続きはこちら!

アマゾンプライム30日間無料体験!

アマゾンはもはや現代においてインフラと言っていい存在になりました。

プライム会員ならお急ぎ便無料、一部のkindleを無料で読める、などの特典がたくさんあります。絶対に入っておいたほうがいいです。

まだ会員でない方は30日間の無料体験ができますよ。

Amazonプライム30日間無料体験

「司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」なら匿名・無料で借金減額の相談ができます。

あなたにもし借金があって支払いが苦しいのなら、減額できないか一度相談してみませんか。

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」でなら、人と会うことなくメールのみで借金の減額についての相談ができます。

まだ大丈夫と思っても借金は増えていませんか?
借金が増えると膨らむスピードも上がりがちになります。まさに雪だるま式というやつです。
手に負えなくなるまではあっという間です。案外早いですよ。

専門家への相談=破産というわけではありません。
自分の考えでは思いつかない解決策を提示してもらえる可能性が高いのです。
僕もそうでした。
これからどうするかはっきりしないから苦しいのではありませんか?

いつ何をしていても借金の心配が頭から離れず、「やばいよ、やばいよ・・・」とばかり思っていても状況は好転しません。

時間が経てばたつほど取れる手段も少なくなっていきます。
ですから、「何とかする」第一歩としてまずはこの司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断の匿名・無料相談を利用してみてください。

ad
ad

PR

アーカイブ

カテゴリー

  1. 生活の工夫

    FILCOのメカニカルキーボードでブログ執筆が劇的に快適になった話。
  2. よりよく生きていくために

    借金生活中だからこそ、心を折らないコンディショニングを心がけよう。
  3. ブログ運営

    顔の見えない人助けでも、自分にちゃんと返ってくる。Google Adsenseア…
  4. ブログ運営

    Bloggerテーマ変更。プロブロガーからのアドバイスとは。
  5. よりよく生きていくために

    僕は無印良品で泣いてしまう。心の豊かさと無縁で育った男の話。
PAGE TOP